大阪 ホテヘル スパークグループ

大阪風俗・ホテヘルコラム

ホテヘルで時間が余った場合のNG行動から対処法までを徹底紹介!

ホテヘル遊びを行う際の大きな悩みのひとつは、コース時間の選択です。「ロングコースを選択したものの、想定以上にスムーズに事が進み、残りの時間を持て余した」といった経験を持つ人も多いのではないでしょうか。

余った時間を有効に活用し、「より充実した風俗体験を実現したい」と考えることは、ごく自然な感情です。余った時間の活用法を知ることは、ホテヘル嬢とより良い関係を構築し、質の高いサービスを受けることにも貢献します。

この記事は、ホテヘルで時間が余った場合の対処法とコース時間の選び方を解説する内容です。デリヘルや出張エステなど、派遣タイプの風俗店全般に応用できる豆知識として、有効に活用下さい。

1.ホテヘルは時間が決まっている

一般的なホテヘルでは、ショートコース・基本コース・ロングコースを用意し、様々な需要に対応します。遊び方の希望やホテヘルの利用目的と照らし合わせて、最適なコースを選択しましょう。

ショートコース 45分や50分など、基本コースよりも短時間のコース。シャワーや身支度の時間を考慮した実質的なプレイ時間は、20分から30分程度です。
基本コース 60分や70分、80分程度のスタンダードなコース。ディープキスや全身リップ、素股といった基本プレイのサービスをひと通り体験します。1回の射精を行うために適したコース時間と言えます。
ロングコース 90分や100分、120分など、ゆとりある時間設定のコース。普段から射精に時間のかかる人やオプションプレイを希望する人、風俗嬢と過ごす時間自体を大切に考える人におすすめです。

風俗利用経験の少ない人・初めてホテヘルを使う人の中には、極度な緊張から射精までの時間が長引き、不満足な結果を残す人もいます。ホテヘル嬢の予約状況次第では、延長の受付が難しく、そのまま帰宅する状況にもなりかねません。

また、延長料金は一般的に、通常コース料金より割高です。コストパフォーマンスを高めるためにも、最初からゆとりあるコースを選び、遊ぶことをおすすめします。

なお、多くの優良なホテヘルでは、過剰な時間短縮行為を控えるように、ホテヘル嬢を教育します。10分や15分以上も時間を残した状態で、サービス終了の申し出を行うことは、スマートな遊び方に該当しません。

このことを考慮し、短過ぎず・長過ぎずという適度なコースを選ぶことが大切です。

2.ホテヘルで時間が余ったときのNG行動

ホテヘル嬢から質の高いサービスを受けるためには、「良いお客さん」であることが大切です。また、「お金を払う立場であるから、どのような行為も許される」といった考え方は、ネガティブな印象を与え、自分自身にとってのデメリットを招く思考に他なりません。

では、具体的にどのような行動に注意する必要があるのでしょうか。
ここからは、ホテヘルで時間が余ったときのNG行動を、具体的に紹介します。

2-1.雑な態度で対応する

まず、最もしてはならないNG行動が、ホテヘル嬢をぞんざいに扱い、雑な態度を取ることです。具体的には、以下のような行動が「雑な態度」に該当します。

  • ・職業蔑視の発言を行う
  • ・スマホのゲームやメッセージのやり取りに集中し、ホテヘル嬢の相手を避ける
  • ・ホテヘル嬢の存在を無視し、テレビや電話に熱中する
  • ・自分本位でエアコンの温度を過剰に上げたり下げたりする

ホテヘル嬢が相手とは言え、人間対人間の付き合いです。
不快な感情を与える行為は慎み、節度ある行動を取りましょう。

2-2.無言になる

ホテヘル嬢とコミュニケーションを取ることを拒否し、無言になってしまうことも、ホテヘル嬢の気分を害してしまうNG行動です。
多くのホテヘル嬢は、無言の時間に対して苦手意識を強く持ちます。自分自身のサービスや接客姿勢に不安を感じるだけではなく、身の危険を感じるケースもあるためです。

とりわけ素人系ホテヘルには、風俗業界経験が浅く、接客に不安を感じるホテヘル嬢も在籍します。人妻系ホテヘルの新人にしても同様で、無言の時間によって不安をあおることは避け、紳士的に振る舞いましょう。

なお、多くのホテヘルには、ホテヘル嬢からの申し出により、特定のお客さんの予約受付を拒否するシステムが存在します。ホテヘル嬢が受付所に戻った後に予約拒否を行うと、再会は叶いません。

予約拒否を受けたお客さんには、男性スタッフも警戒します。人気ランキング上位のホテヘル嬢を派遣し、不快な感情を与えることを避けるため、今後の予約を断る可能性も否めません。

マナー違反の行為には、このようなデメリットが生じることを理解し、正しい対処を覚えましょう。

3.ホテヘルで時間が余ったときの4つの対処法

ここまで説明した「NG行動」をふまえた上で、ホテヘルで時間が余った時の対処法を紹介します。複数パターンの対処法をあらかじめ決めておくことで、想定外の状況にも慌てずに、余裕ある対応が可能です。

以下で紹介する4つの対処法から自分に合う方法を選択し、限られた時間を有効に活用しましょう。

3-1.雑談や添い寝をする

素人の女の子と性行為を終えてすぐ、せわしなく動く人は少ないのではないでしょうか。ホテヘル嬢が相手でも同様に、雑談(ピロートーク)や添い寝を楽しむと、恋人同士で過ごす時間のように心地良く、精神的な充足感が高まります。

雑談は、目当てのホテヘル嬢から好感を得るためにも、取り入れたい行為です。好きな映画や趣味をテーマにたわいない話を行うことで、心理的な距離感が縮まります。

多くのホテヘル嬢にとって、プレイのみに注力せず、一緒に過ごす時間を重視する人は「良いお客さん」です。次回以降により濃厚なサービスや現実に近い恋人プレイを楽しむためにも、余った時の正しい対処が大切です。

3-2.一緒にお風呂に入る

次に、ホテヘル嬢とお風呂に入り、混浴を楽しむことです。ショートコースや基本コースを選択すると、プレイ前の混浴を行うことなく、シャワーを浴びる程度に留めることも多々あります。お風呂に入る時間が長引き、プレイ時間が不足する失敗を防ぐためです。

余った時間を活用する方法であれば、この失敗を気にする必要がありません。タイマーが鳴るまでの時間を使い、気兼ねなく身体を温め、プレイの余韻を堪能できます。入浴剤やバスソルトなど、ラブホテルの備品を使い、非日常的な入浴を堪能する方法もおすすめです。

プレイ後のお風呂は、ローションの洗い残しを予防し、肌荒れを防ぐことにも貢献します。翌日以降の肌荒れを防ぐためにも、余った時間を活用し、ゆっくりと入浴しましょう。

3-3.お互いの身体をマッサージをする

雑談や混浴に物足りなさを感じる人は、お互いにマッサージを行い合い、スキンシップを取る方法を検討しましょう。マッサージを特技とするホテヘル嬢は、少なからず存在します。マッサージを受けることで、ヘルスプレイによる筋肉の疲労を和らげ、楽しい想い出のみを持ち帰るという、贅沢な遊び方の実現が可能です。

ホテヘル嬢に対してマッサージを行う時には、力の加減を行いましょう。女性の身体は、男性よりもデリケートです。強く押すマッサージに抵抗を感じるホテヘル嬢も存在するため、ソフトな刺激に留めましょう。

ホテヘル嬢が難色を示す場合は「受け身」に徹し、無理強いを避けることも大切です。お互いが気持ちよく、楽しい時間を過ごすことができるように、配慮ある行動を守りましょう。

3-4.プレイを継続する

多くのホテヘルは、時間内無制限発射システムを採用します。余力があるのであれば、そのままプレイを継続し、2回戦や3回戦に挑戦しましょう。

ただし、プレイ回数をこなすことのみに集中すると、精神的な満足度が低下する可能性も否めません。「心身の癒しを求めるか、性的欲求の充足に集中するか」という来店動機を見つめ直し、自分に合う選択を行うことが大切です。

まとめ

ホテヘルで時間が余った時の対処法とNG行動を紹介しました。実際には、余った時間の活用法は、十人十色の問題です。全ての人にとって最適である対処法は存在しません。

最低限のマナーやルールをふまえつつも、自分自身の要望を率直に伝えることが、充実したホテヘル遊びに効果的です。ホテヘル嬢は、きちんと教育を受けたサービス業のプロフェッショナルです。ルールに沿った行動を徹底すれば、ホテヘル嬢の反感を買ったり粗雑な扱いを受けたりする心配はありません。

この記事の内容も参考に、自分自身にとって理想的なホテヘル活用術を見つめ直し、ぜひ人気のあるホテヘルを予約してみましょう。

次の記事へ

大阪 ホテヘル スパークグループ求人

  1. SPARK 女性求人
  2. 大奥 女性求人
  3. ぷるるん小町 女性求人
  4. SPARK 男性求人
  5. 人気キーワード一覧